元Super Juniorのハンギョン愛用の香水と3億人の奇跡が衝撃の脱退、現在は?

公開日: : 最終更新日:2017/11/20 男性芸能人の愛用香水 , , , ,

Super Junior(通称、SJ)はトップアイドルグループですが、多国籍のメンバーであることもグループの特徴です。

 

今回は、元SJメンバー・ハンギョンの脱退理由や現在の様子について調べてみたいと思います。

 

まずは、簡単なプロフィールです。

ハン・ギョン プロフィール

氏名:ハン・ギョン

生年月日:1984年2月9日

年齢:32歳

身長:181cm

血液型:O型

出身地:中国 黒竜江省

過去所属していたグループ:Super Junior、Super JuniorM

ハンギョン愛用の香水は、ジャンポールゴルチェ フルールド・マン

 

ハンギョンが愛用している香水は、ジャン ポール ゴルチェ フルール ド マルです。

 

ズバリ、大人の出来る男!という香りなので、女性がつけるにはちょっと不向きかもしれませんね。

 

少し気になるのは、主張がやや強すぎる面があるので、もしかしたら好き嫌いが分かれてしまうかもしれません。

 

しかし、気に入れば一日中楽しめるし、長年愛用している人も大勢います。

 

興味がある方は、お試しあれ。

当サイトおすすめの香水はこちら↓


衝撃的な脱退理由と現在の様子

ハンギョンは中国で行われたオーディションで、3,000人の中から選ばれたことをきっかけにしてSJへ。

 

友達に誘われてオーディションに一緒に出たら、自分が受かっちゃうというパターン、あるあるですよねー。

 

ハンギョンの愛称は「13億の奇跡」と言われるのは、ここに由来しています。

 

そんなハンギョンですが、

 

2009年に所属している「SMエンターティメント」に専属契約効力無効訴訟を起こしました。

 

ファンの驚きは相当なものでしたが、なんとメンバーは誰一人このことを知らなかったので、大きな衝撃がありました。

 

メンバーの中で特に仲が良かったヒチョルは、かなり落ち込んだそうです。

 

誰もが、なぜ?!と思いましたが、、、ハンギョンはずっともがき苦しんでいたのです。

仕事が楽しくなかったことだった。

長い間、心理状態が不安定になり、結局自殺まで考えるようになった

 

そこまで深刻に思いつめていたとは、ショックです。

 

そして、現在のハンギョンは、「韓庚」として中国を拠点に活躍しています。

 

2014年には、ハリウッド映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」に出演し、話題になりました。

 

その出演時間は、わずか「5 秒」・・・

 

とは言え、ハリウッド映画に出たんだし、これを足掛かりに更なるステップアップも期待できます。

 

他にもソロアルバムを発売するなど、精力的に活動しています。

 

SJのメンバーとは今も連絡を取り合っているそうで、ヒチョルがハンギョンとの再会時の写真をUPして話題になりました。

 

良好な関係が続いているのはすごく嬉しいですね。

 

同じ夢に向かい苦楽を共にしてきたメンバー同士の深い絆を感じます。

 

その後、ハンギョンは「SMエンターテイメント」に感謝の気持ちを表明しています。

 

しかし、ファンの中には、今も裏切られたという気持ちを消化できずに未だネガティブな思いを持ち続けている人もいるようです。

 

それでもメンバーは今でもSJは13人だと公言しているんですよね・・・。

 

近い将来は、アイドルも国籍を超えて、何の垣根もなく自由に活動が出来る日がくることを、陰ながら祈っています。

当サイトおすすめ香水

話はまた香水のお話に戻るのですが、皆さんは香水をどういう目的で使用されていますでしょうか。

○モテたい
○特定の香水の香りが好き
○自分に自信をつけたい
○加齢臭対策
○気分転換、、、

など様々かと思いますが、やはり香水をつけることで、周囲に与える影響はもちろん、自分自身に与えるポジティブな影響も見逃せないと思います。

 

ナポレオン・ヒルという人が書いた「思考は現実化する」という有名な本がありますが、これは何百人という成功者にインタビューして、成功者に共通して見られる特徴をまとめたものです。

 

この本の結論としては、「人は考えている通りの人間になる」というものなのですが、これは別に仕事だけではなく、恋愛についても同じです。

 

香水とともに自信を身にまとい、セルフイメージを高めることで、恋愛を成功に導くことができる可能性が高くなるのです。

 

セルフイメージを高めるためにおすすめの香水をご紹介したいと思います。

リビドーロゼ

リビドーロゼは、雑誌「an・an(アンアン)」でも紹介された香水なので、ご存知の方も多いかもしれません。


こちらもフェロモン香水に分類される香水で、香りはきつくありません。

 

ただ、香り自体はあって、あまーい、シャンプーのような香りがしますが、これはこれは男性に、女性のお風呂上がりを想像させることで、

 

男性本能を刺激することを狙っているためです。

 

フェロモン要素としては、オスモフェリンという成分が含まれており、これは男性性を司るテストステロンという男性ホルモンを活性化させる効果があります。

 

これを配合することによって、男性の興奮を誘う、というわけです。

 

おすすめのシチュエーションとしては、

○告白されたいデート
○気になる人との初めてのデート
○最近夜が寂しいと感じる時
○二人の関係がマンネリ化している時
。。。。

など!

 

一応「ベッドタイム香水」というふれ込みですが、普段使いもOKで、実際にそういう使い方をしている人もいらっしゃいます。

 

つけたその日に2人から告白された、という羨ましいエピソードをもつ使用者もいるほど!

 

効果のほどは個人差もあるでしょうが、魅力を紹介する漫画などもありますので、気になる方は是非一度、公式HPをチェックされて見てください♫


エセントリック・モレキュールズ

この香水は、あのジョニーデップも愛用している香水で、世界的にも有名です。


これはフェロモン香水に分類される香水で、特徴はIso E Super <イソイースーパー>という成分のみで構成されている点。

 

この特徴が、使った人のフェロモンを効果的に際立たせることができるとして、リピーターが多い香水です。

 

またフェロモン香水なので、ほとんど香りがありませんので、急に香水をつけるのはちょっと心配、という方にも、こっそり使用を開始できますので、

 

非常におすすめです!


関連記事

UVERworld・TAKUYA∞が愛用するドルガバの香水と地元滋賀愛や西川貴教がキレた理由は?

UVERworldと言えば、若い世代から絶大な支持を集める人気バンドですが、ボーカルを担当しているの

記事を読む

俳優高橋克典の上品なカルバンクラインの愛用香水&華麗なる家族関係のヒミツ

お仕事以外の私生活が覗けると好評の、芸能人が運営するブログ。   ツイッターな

記事を読む

三代目JSB 岩田剛典の愛用香水はブルガリ!?華麗なる経歴と恋人の噂も!

大人気のEXILE・三代目JSBの中でも最近特に人気なのが、王子様キャラで大人気の「がんちゃん」こと

記事を読む

AAA 西島隆弘の愛用香水エリザベスアーデンと恋の噂と唇の魅力に迫る

人気ダンスユニットAAAでメインボーカルとして活躍中の西島隆弘さん。   イケ

記事を読む

the GazettE ルキの愛用香水は樹木の香り&アイメイクがポイントのメイク術!

日本独自のバンドであり、世界にもカルチャーとして人気を集めているヴィジュアル系バンド。 &nb

記事を読む

アイドル&プロデューサー!BEAST(ビースト)ヨンジュンヒョンの愛用香水と意外な寝姿

英語のスラングで「かっこいい」という意味をもつ、K-POPアイドルグループ「BEAST」。 &

記事を読む

GACKTが愛用するシャネルの香水とミステリアスな私生活について

今回は『芸能人格付けチェック!これが真の一流品だ!』に出演し、連勝していたことで話題になっているGA

記事を読む

ロンブー田村淳の愛用の人気の男性用香水2つ&広い交友関係をもつ秘訣

今回紹介するのは、お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」でのボケ担当の田村淳さんです。 &nb

記事を読む

GENERATIONSリーダー白濱亜嵐のフレッシュな愛用香水と華麗な肉体美!

ダンスパフォーマンスユニットとして誕生し、今や国民的人気を誇る存在となった「EXILE」 &n

記事を読む

Super Juniorリョウクの愛用香水とソロ大成功、ブロマンスそして入隊

韓流アイドルグループの勢いはすごいものがありますが、その中でもSuper Juniorも日本でも着々

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • 女性向け香水

    キャロライナヘレラ 212 EDT


    愛用芸能人:眞鍋かをり、石原さとみ、安室奈美恵他

    CHANEL(シャネル) チャンス


    愛用芸能人:アン•ハサウェイ、蛯原友里、西山茉希他

    男性向け香水

    ブルガリブラック


    愛用芸能人:三代目JSB 岩田剛典、玉木宏ほか

    ブルガリ プールオム


    愛用芸能人:成宮寛貴、東方神起 ユノほか
PAGE TOP ↑