KENCHI(EXILE)愛用の超レアな香水と改名後の名前に秘められた思いとは?

男性芸能人の愛用香水

EXILEの名を引き継ぐ、EXILE THE SECONDでリーダーを務めているKENCHIさん。

 

2014年には「橘ケンチ」として改名し、主演の舞台を演じるなど、俳優としても活躍中です。

 

18歳の時に日本テレビ「ダンス甲子園」を見たことがきっかけでダンスを始めたKENCHIさん。

 

TETSUYAさんと共にダンスグループ「POLY-3」を結成して、EXILE主演のミュージカルに出演し、2009年にEXILEのメンバー加入を果たしました。

 

スペイン人に間違われるほどの、ハーフ顔負けの彫りの深い顔立ちの見た目が印象的ですよね。

 

明治大学卒の高学歴でもあり、英語と北京語が得意なのだとか。

KENCHI(EXILE) プロフィール

氏名:寺辻健一郎(本名)

生年月日:1979年9月28日

年齢:37歳

血液型:O型

出身地:神奈川県横須賀市

身長:180cm

所属グループ:EXILE、EXILE THE SECOND、元J Soul Brothers

代表作:舞台「ドン・ドラキュラ」、ドラマ「俺たちがプロポーズ出来ないのには、3つの理由しかなくてだな」など

秋冬の寒い季節を苦みと甘さで暖める、日本未発売の香水

KENCHI(EXILE)さんの愛用香水はラルフ ホット EDT・SP 【ラルフローレン】です。

 

クリアの青いキャップに、パープルのガラスのボトルの、ビビッドな見た目が個性的なデザイン性。

 

2006年に海外限定で発売され、日本ではレア香水として入手が困難になっています。

 

香調はエキゾチックな世界を思わせるオリエンタルで、名前のホットを連想させる暖かな香りです。

 

トップノートは、独特の香りのシナモンに、甘い花の香りのアーモンドブロッサム、フレッシュな香りのシトラスマンダリンで、さわやかさを感じられます。

 

ミドルノートは香ばしいコーヒーのモカクリームと濃厚なフィグ(イチジク)を中心にして、甘い花の香りのハニーサックルとオーキッド、ジャスミンにフレッシュミントで、花の咲き乱れるカフェのよう。

 

ラストノートには香ばしい甘さのメイプル、ゲルマンノートでも人気のバニラに、セクシーなアンバー、ムスク、サンダルウッドの香りが大人の上品さを表していきます。

 

バニラやメイプルなどの甘い香料を見ると、幼そうに思われますが、モカクリームやメイプルによる絶妙な苦みがプラスされて、落ち着きのある大人の香水へと仕上がっていますよ。

 

元は女性用香水のため女性の愛用者が多いのですが、甘さと渋さが混同した男性にも使用可能。

 

中性的な男性はイメージ通りですが、KENCHIさんのような男性的なキャラクターであれば、その見た目と香りのギャップに、逆にどんどん虜になってしまいそうな印象です。

 

オードトワレのため香りの持続力は弱めですが、濃厚な甘さに酔いやすいことから、腰から下の位置に付けることで、ほのかに香りを楽しむのがコツ。

 

グルマンノートは女性を幸福な気分にさせてくれる香りですので、イライラしやすいときにプッシュして、心を落ち着かせるのに使用すればいいストレス解消法になるかもしれません。

 

現在は廃盤になってしまっているため、より入手が難しくなり、香りが気になる人はお早目にどうぞ。

なぜ本名と違う名前に改名したの?その謎は世界に目を向けた壮大な理由が!

こちらでは以前の名前のKENCHIさんと呼んでいますが、冒頭の通りに2014年のEXILE。

 

第4章を機に、橘ケンチと改名して新たな名前で活動しています。

 

ですが本名は寺辻健一郎さんと、芸名とは全く異なる名前を使用しているのを疑問に思うはず。

 

実はこの「橘」には、今後世界で活躍するであろうEXILEへの思いから付けられたと語っています。

 

元々KENCHIという名前はKENJIなどと間違われやすかったこと、今後の俳優活動でのクレジットにパフォーマーの名前をそのまま使用すると考えて改名しようと決心。

 

カタカナのケンチにすることでその問題は解消されましたが、名字が本名でない理由には海外のファンが発声しやすいようという理由で選ばれたのだとか。

 

その結果、海外のファンでも発声しやすい母音にAを含む名字を探し出したのが「橘」でした。

 

ここで漢字の橘ですが、元はミカン科の植物であるタチバナから由来したとされるもの。

 

現在は勲章のデザインにも使用される高貴なものであり、永遠を意味する縁起の良い植物だそう。

 

英語や北京語を話せるKENCHIさんだからこその、世界を見据えた熱い思いで付けた名前。

 

その名を実際に世界中のファンが呼ぶ瞬間をぜひ見てみたいですよね。

当サイトおすすめの香水