Fukase(SEKAI NO OWARI)愛用リングとファン垂涎!自分だけに歌ってくれるシステム?

愛用アクセサリー

2011年にデビューし、10代の男女から絶大な支持を受けているバンド「SEKAI NO OWARI」

 

若者が共感する曲の多くを手掛けているメンバーは、ボーカルを務めるFukaseさん。

 

中学では不登校、高校は中退、留学でパニック障害を引き起こして精神病院に入院するなど、波乱万丈な人生を過ごしてきたそう。

 

そんな自分自身の「世界の終わり」の経験を生かしたバンド活動で、現在のヒットを収める結果となりました。

Fukase プロフィール

氏名:深瀬智(本名)

生年月日:1985年10月13日

年齢:30歳

血液型:B型

出身地:東京都大田区

身長:168cm

所属グループ:SEKAI NO OWARI

代表作:シングル「 Dragon Night」、「RPG」など

悪魔崇拝をイメージ?手作りの職人技が光るアレックスストリーターの人気リング

Fukaseさん愛用のリングは[アレックスストリーター]ALEX STREETER ANGEL HEART RING CLACK エンジェルハートリングです。

 

元イラストレーターのデザイナーが作る、ミステリアスなデザインが特徴的のジュエリーブランドのアレックスストリーター。

 

1987年公開の映画「エンゼルハート」で悪魔役のロバートデニーロが着用したことで人気が出たのが、このエンジェルハートリングです。

 

今やブランドの顔的な存在であり、世界的に有名な歌手のマリリン・マンソンやマドンナも愛用者の1人です。

 

日本ではL’Arc~en~Cielのhydeさんが愛用していたことから人気が出ました。

 

1つ1つアトリエで手作りされているというこだわりは、リングにメッセージを込めたいというデザイナーの意思。

 

合成樹脂から作られるという大きなストーンの中央には、シルバーの五芒星のマークが印象的ですね。

 

ストーンは作る際の気温や湿度によって、すべてが世界で1つしかないオリジナルのものとなっています。

 

シルバーの台座には左右にヤギの顔が描かれており、映画の悪魔をイメージしたデザインです。

 

ストーンを嵌める場所は、光を通すため空洞になっており、光の加減で色の見え方が異なります。

 

リングの大きさは縦2.7cm、横が2cmと大きめで、1つ付けるだけで手元を印象付けてくれますよ。

 

クリア、イエロー、ブルーなど多くのカラーがありますが、Fukaseさんはレッドを愛用しています。

 

女性ではややゴツめに感じてしまいますが、普段からシルバーアクセを愛用している方なら気にならないかも?

 

曲調や性格までミステリアスなFukaseさんの雰囲気によくなじむリングですよね。

Fukaseさんの声を自分の手で「調教可能」に!?世界的に有名なあのシステムで

今や日本のみならず、世界的な人気を集めている「ボーカロイド」はご存知でしょうか?

 

楽器メーカーであるYAMAHAが、2003年に発売した音声合成ソフトであるボーカロイド。

 

音階と50音の組み合わせで楽曲を制作し、音声を搭載したボーカロイドに歌唱させるシステムです。

 

2007年には「初音ミク」と名付けた架空のキャラクターを登場させたことから次第に人気が高まり、

 

動画投稿サイトに自らが製作した楽曲がアップされたことがきっかけで、爆発的なヒットとなりました。

 

現在はその人気に伴い、実際のアーティストの音声を元に開発されたソフトが発売されています。

 

そして今年の2016年1月にはFukaseさんの音声をベースにした「Fukase」が発売。

 

ある製作者が投稿した「スターライトパレード」の音源は、本人と誤解されて削除される騒動もありました。

 

システムを上手く操ることを称する「調教」は、プロ顔負けの至難の業が必要となる技。

 

調教次第では歌声だけでなく話し声も作れるそうですので、ファンなら調教も頑張れそうですね!