お騒がせセレブ、パリスヒルトン愛用香水はプロデュース香水? 驚きの地毛の色!

海外セレブ

ヒルトンホテルの創業者であるコンラッドヒルトンを曽祖父にもつ、パリスヒルトン。

 

ばく大な資産を元に派手な生活を続け、その言動や行動から「お騒がせセレブ」として知られています。

 

もとはファッションモデルとして、高級ブランドの広告やファッション雑誌に登場していた彼女。

 

2003年に出演したリアルバラエティ「シンプル・ライフ」で人気を博し、メディア露出が増えました。

 

かずかずの騒動を起こした彼女ですが、現在はDJでの活動を主に行っています。

パリスヒルトン プロフィール

氏名:パリスヒルトン

生年月日: 1981年2月17日

年齢:35歳

血液型:不明

出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク市

身長:173cm

代表作:アルバム「Paris」、映画「プリティ・ライフ パリスヒルトンの学園天国」など

パリスヒルトンプロデュース!女性を輝かせる手助けをしてくれる香水

パリスヒルトン愛用の香水はパリス ヒルトン

 

【パリス ヒルトン】カンカン バーレスクの2品です。

 

2004年に香水のプロデュースをしたパリスヒルトンの、デビュー作「パリスヒルトン」

 

自身の名前を付けた香水は大ヒットし、その後のシリーズ化につながりました。

 

円筒状のボトルデザインに、流れるようなストライプ模様がスタイリッシュな雰囲気で個性的。

 

リンゴや桃の香りが際立つフレッシュなトップートから、ジャスミンやチュベローズなどのかぐわしい

 

花の香りが大人の女性を表現したミドルノート、イランイランやスキンムスクなどのセクシーな香り

 

に変化するラストノートへと、フルーティフローラルノートの女性らしい香りが楽しめます。

 

キュートな表情からセクシーな表情まで、さまざまな女性の魅力をひとつに閉じ込めたイメージ。

 

女性らしさを引き出したいパーティーシーンやデート時に付けていけば、男性の心をつかめそう。

 

さらにもう1つの香水、「カンカン バーレスク」は、2014年に16本目の香水として発売されました。

 

ビビッドピンクの丸みを帯びたボトルボディに、羽根の形を模したシルバーチャームのデザイン。

 

2007年に発売された自身の香水「カンカン」をベースに、軽やかな香りへと変化させています。

 

カシスやラズベリーなど、どこか小悪魔な雰囲気を感じるフルーティノートのトップノート。

 

次第に酸味と甘さが交わるオレンジブロッサム、蘭を意味するワイルド・オーキッドの花の香りが

 

上品で深みを増すミドルノートへと変わり、さらにワイルドムスクやブロンドウッドのミステリアスな

 

ラストノートへと大人の香りへと変化していきます。

 

パリのキャバレーを舞台にした映画「ムーラン・ルージュ」をモチーフにした香水「カンカン」に、

 

セクシーなお芝居を意味する「バーレスク」が融合し、色気と華やかさを織り交ぜた魅力を感じます。

 

どちらもオードパルファムですので、1回付ければ6時間程度と香りが持続しやすいタイプ。

 

甘さが強く出てしまうため、会社や学校での普段使はあまりおススメできませんね。

 

10代~20代向けの、優しい雰囲気に少しの色気をプラスした香水「パリスヒルトン」

 

20代~30代の女性の魅力を最大限引き出す色気満載の香水「カンカン バーレスク」

 

フローラルフルーティの香調ながらも印象の異なる香水は、パリスヒルトンの魅力にも重なります。

パリスヒルトンのチャームポイントは実はニセモノ?セレブの意外な素顔

パリスヒルトンといえば、ブロンドと呼ばれる金髪に真っ青な目の色をイメージするはず。

 

アメリカのセクシーな女性の容姿を代表するように、華やかな外見の彼女なのですが…。

 

実際の髪色や目の色は「茶色」であるのを知っていましたか?

 

金髪はカラーリングによるもので、目の色はカラーコンタクトを使用して変えているのです。

 

パリスヒルトンに限らず、多くのハリウッドスターも実はブロンドへアを「作っている」女性が多くおり、

 

「ブロンドは異性受けが良いから」という理由もあるのだそう。

 

日本人の多くは地毛が黒色ですが、暗めな色合いは地味に見られてしまうこともありますよね。

 

さまざまなパーティーなどに出席し、ゴージャスさを引き立てるブロンドへアはパリスヒルトンにお似合いの髪色。

 

一方、アメリカではブロンドへアの女性は「おバカ」「セクシーすぎる」などの理由で不人気なのだとか。

 

どこの国でも「ないものねだり」はあり得る話なのですね。

当サイトおすすめの香水