MATSU(EXILE)愛用の機能性十分な財布と男性が憧れるアノ人気時計をご紹介!

愛用時計

初代EXILEメンバーと活躍したダンサーであり、現在は俳優として活動をしているMATSUさん。

 

2014年に本名の松本利夫に芸名を変更しており、今は1児のパパとしての顔も持っています。

 

黒目がちな一重まぶたに色黒の肌、あごひげスタイルが印象的なメンバーですね。

 

実はベーチェット病という難病と闘う患者でもあり、左目が見えないというリスクを背負っています。

 

今回は難病と闘いつつも精力的な活動を続ける、MATSUさんの愛用品を2つご紹介しますよ!

MATSU(EXILE) プロフィール

氏名:松本利夫(本名)

生年月日:1975年5月27日

年齢:41歳

血液型:O型

出身地:神奈川県川崎市

身長:170cm

所属グループ:劇団EXILE松組、元EXILE(2015年12月引退)

代表作:ドラマ「ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します~」、バラエティ「MATSUぼっち」など

男性から強い支持を集めるクロムハーツのこだわりが生きたヘビーレザーの長財布

はじめに紹介するMATSUさんの愛用財布は、クロムハーツ クロスボタン ヘビーレザー ウェーブウォレット 長財布 ブラックです。

 

EXILEメンバーにも愛用者が多い、アメリカ生まれのアクセサリーブランド「クロムハーツ」

 

以前は三代目J Soul Brothersの登坂広臣さん愛用のアイテムとしてご紹介いたしました。

 

もともと革製品を多く扱う、バイカー向けのアイテムを販売していたクロムハーツ。

 

そのため革に対する思いも強く、今回紹介する財布の素材であるヘビーレザーも高級品です。

 

しっかりと頑丈な牛革素材ですので、10年以上も愛用している方が多く、長年の使用が可能です。

 

クロムハーツを象徴するCHプラスの銀ボタンや、ダガーのファスナーチャームなどの遊び心もプラス。

 

札入れやコイン入れには、アクセサリーに用いられるダガー柄を使用するなどのこだわりもあります。

 

日本のお札がそのまま入れられる札入れ部分や、収納力のあるカードポケットも魅力的。

 

長財布ながらも横幅は20cmとスマートで、多くの荷物を嫌う男性にも使いやすいサイズ感です。

 

クロムハーツならではと思わせる、端にはウォレットチェーンをかけるための穴が。

 

ファッションに合わせてさまざまなウォレットチェーンを使い、小さな変化を楽しむのもまた乙ですよ。

腕にさりげなくハイステータス。高級ブランドロレックスのロングセラーなスポーツ時計

続いて紹介するMATSUさんの愛用品は[ロレックス][メンズ] ROLEX コスモグラフ デイトナ Ref.116520です。

 

昔から男性のハイステータスを象徴する存在となっているのは、腕に光る高級時計。

 

たくさんのブランドの中でもロレックスの名は、知る人がいないほどの高級ブランドとして有名です。

 

MASTUさんはロレックスの時計を何本も持っており、ロレックスファンでもあるようです。

 

100年以上の歴史をもつ老舗ブランドで、1963年に発売されたコスモグラフ デイトナ。

 

名前の由来となったのは、有名なレース地でありレース名にもなったデイトナから。

 

「キング・オブ・クロノグラフ」と名付けられており、スポーツタイプの時計として強い人気を誇ります。

 

ほかのデザインよりも若い年齢層にも人気があり、20代でも浮きすぎないデザイン性もポイント。

 

2010年から発売が開始されたこのシリーズは、はじめてすべての部品が自社製品となった記念作。

 

3つのクロノグラフは30分積算計、12時間積算計、スモールセコンドの充実の機能つきです。

 

文字盤には人気の高いブラックとホワイトがあり、ファッションに合わせて色を選びたいですね。

 

ちなみにMATSUさんが着用していたのは、ホワイトの文字盤でステンレス素材のもの。

 

色黒なMATSUさんの手元を、上品ながらも主張するアイテムとなっています。

なかなか手の出しにくい高級品ではありますが、その価値のある評価を受けた腕時計。

 

男性が腕時計に憧れる意味が、少し分かったような気がします。