B’z稲葉浩志愛用大人のフェロモン漂う香水レルム メンとその家族愛

男性芸能人の愛用香水

日本一のロックシンガーといっても過言ではないB’zの稲葉浩志さん。

 

その男らしいルックスとハイトーンボイスは、世界中でも名の知られている存在ですよね。

 

またツアー時に見せる黒のホットパンツ姿は、ファンならずとも見かけたことがあるのでは?

 

有名な掛け声があるultra soulなど、長い間を通して親しまれる曲を出し続けるヒットメイカーです。

 

またアルバムの総売上数が日本一位としてギネスに載るなど、多くの記録保持者でもあります。

 

見た目と曲の印象から、クールなイメージの強い稲葉浩二さんをご紹介します。

稲葉浩二 プロフィール

氏名:稲葉浩志

生年月日:1964年9月23日

年齢:51歳

血液型:AB型

出身地:岡山県津山市

身長:173cm

所属グループ:B’z

代表作:シングル「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」「今夜月の見える丘に」「ultra soul」など


フェロモンからも異性を誘惑する!香水レルム メン

年齢を重ねるごとに渋さが増す稲葉浩志さん。男性からも憧れる存在ですよね。

 

そんな稲葉さんの愛用している香水は【エロックス】レルム メンです。

 

1993年に発売されたレルムウーマンの男性版であるこの香水。

 

曲線を描いた半円型のボトルに、側面が赤いカラーリングが特徴的なデザインはセクシーそのもの。

 

世界で初めて「ヒトフェロモン」を配合した香水として、その名が知られています。

 

誤解されがちですがヒトフェロモンには香りがなく、脳に直接作用するもの。

 

フェロモンは異性に良い印象を与えやすく、好意的な気持ちを生み出す作用があります。

 

そのため男性用のモテ香水としても知られています。

 

気になる香りの変化は3段階で、爽やかさからセクシーさへと変化する大人の香り。

 

付けた瞬間に香るのは、オレンジやベルガモットなど柑橘系の香りがフレッシュなトップノート。

 

香水の基礎となるのは、バラに似たボアドローズの華やかさとジンジャーのスパイシー感がセクシーなミドルノート。

 

香りの強いラストノートは、オリエンタルなサンダルウッドに、ガイアックウッドのバニラに似た甘さを含むセクシー感を与えます。

 

付けはじめはキツイと感じるかもしれませんが、肌になじむとその香りも柔らかく変化していきます。

 

人によっては少しオジサン臭い‥と感じる人もいるので、香りを試してからの購入をオススメします。

 

また香りの系統からイメージすると、30代以上の男性が付けている大人な香水ですね。

 

オーデコロンですので、香りの持続力は薄いですが、付け過ぎはキツくなるのでNG!

 

またフェロモンとウッド系の香料は心を落ち着かせるため、ぐっすり眠れるといった声も多いです。

 

ファンの方なら一度は使ってみたい!と考える方も多く、人気のレルムメン。

 

稲葉浩志さんに憧れる同世代のパパさんにもオススメしたい香水です!

ロックスターだけど、実はイクメン!素敵なパパの姿

バンドマンといえば酒とロックと女とタバコ!というお決まりのイメージを抱きますよね。

 

ですが稲葉浩志さんは大の子煩悩!運動会や卒業式などの学校行事にも参加をしています。

 

奥さんやお子さんは宝物!とのコメントを残し、その家族に対する愛情はとても深い様子。

 

スチュワーデスの奥様との離婚を経験してから、考え方が変わったようですね。

 

格好良くて、歌も上手い、おまけに頭も良くて家族想いとは‥天は何物も与えすぎでは!?